生きるって、どんなことよりも難しい。

東京に住んでることで得られることはいっぱいある。いっぱいありすぎて飽和状態だなぁって思う。だけど、だから楽しいし、もっと楽しみたい。でもそうじゃない場所と時もあるってことも同時に分かり始めたのが最近で、自分だけが楽しくていいのかなとも考える。社会人一年目のひよっこに何が出来るって話だけど、探せば問題は沢山あるし、すぐに解決策が見つかるような簡単なことじゃない。でもそれが人生ってもんなのかと。みんな悩みながらも、もがきながらも、必死で楽しむ術を見つけて強く生きてるのか。そう思うとなぜか泣きそうになる。自分だけじゃないんだっていう安堵からくる涙なのか、はたまたみんな同じ痛みを抱えているっていう悲しみの涙なのか。生きるって、難しい。

分断されてる、けど交じり合う私達

今週の月曜日。私は朝8時にみなとみらいのカフェでモーニングをいただいていた。早めに駅に着くようにしたのもこのためで、モーニングってなんか得した感と優越感に浸れるから好き。

 

近くに座っている女性との距離感を考えつつも、座り心地の良さそうなソファ席を選んだ。右は柱。左は空席、そのまた左は作業中の女性。

女性  空席  私 柱

↑こんな感じ。

 

私が席に着いてから3分経ったか経たなかったかくらいで、私と女性の間に横浜マダムらしき二人組が着席。

どこに座るのも自由なんだけど、あれだけ広くて他の席も空いているあの状況で人と人の間にあえて座る強さ。そんなに広くないし、隣との間隔も広いというかむしろ狭い席。なにゆえそこを選んだのか疑問に思いながらも、私は厚切りトーストを食べてました。

 

結構ガンガン話してて、隣にいた私も耳だけ話に参加。両者の子どもは同じ学校に通っていて、お互いの家に行くほど仲が良い。昨日もお家に遊びに行っていて、夕ご飯もご馳走になったみたい。そこから子どもの話、家事の話、母親と父親の話(子供から見るとおじいちゃんとおばあちゃん)など、普段はなかなか聞けない貴重な話を平日の朝からタダで聞けて、得した気分。

 

平日の朝からここにいるってことは、普段は仕事をしてないのだろうか?今日の朝は子供はどうしたんだろう?旦那さんはどんな仕事を?今日は朝早くから2人で何をするんだろう?などなど、たくさんの疑問が私の頭の中に渦巻く。

 

少し早く起きて外に出ると、普段の自分の世界の外にいる人に思いがけなく出会える時間がやってくる。世界は本当に分断されている。世界レベルで見ると深刻なほどに分断されてる。だけど交じり合う時も必ずあるんだなぁと、感じた。

みなとみらいマダムは私の横に座っていて、何をどうに思ってたのかも気になる。

「厚切りトースト食べてる大学生」ってだけかな。

思ってもみなかった場所

ふと自分の今の生活を見つめてみると、5年前には思ってもみなかった場所で生活をしていることに気付いた。品川駅に買い物に行く自分なんて一体誰が想像できただろう。

就活をするまで品川駅で降りたことなんて一度も無かった。新幹線が止まることも、羽田空港へ行けることも、何路線もの電車が縦横無尽にやってくることも、全部、何も知らなかった。

でも今は知ってる。分からないこともまだ沢山あると思うけど、大体知った。いつの間にこんなに知ってることが増えたんだろう。

品川駅にはcity bakeryがあるっていうのは、お母さんが昔から言ってた。今考えるとなんてお洒落で最先端な母親だったのかと思う。今もそうだけど。

高輪口の上のほうに書いてある「JR品川駅」を初めて見た瞬間を私はもう覚えていない。品川駅というとそのイメージが1番強くて、ネットとかテレビでよく見ていたから実際に高輪口に向かって歩いて行く時に必ず見たはずだけど、その記憶は悲しいことにない。

その代わり覚えているのは先月の夜のこと。レイトショーの帰り、金曜夜、ガヤガヤワイワイ。高輪口へ向かう最後の難関は目の前の横断歩道。第一京浜、そしてここは東京・品川。信号待ちは結構長い。

そこから見た景色と人の熱気。テレビで見ていた品川駅・高輪口がそこにはあった。「ああ、私は今あそこにいるんだ。あそこの中に生きている。」と。美女と野獣を鑑賞した後だからなおさら感傷的だったのかな。

私はあと何回、「東京」を感じられるのでしょうか。

 

ロンドンは素晴らしかった。

なんやかんやで忙しくしているうちに、ロンドン旅行から帰ってきて一ヵ月以上が経ちました。その間に私の生活には色々な変化が起きてました。変化が多い春だったー。

一番大きな変化は、なんといっても働きだしたこと。

ついに私も社会人です。解放感でいっぱい。学生時代に戻りたいなんて微塵も思わない。もう勉強はいいや、今のところは。自分で稼いで、自分でお金を使って自由に生きることは面白い。

大学を卒業したことも大きい変化。

派遣留学をしていなかったら、自分の大学を好きでも嫌いでもないといった具合で卒業してたと思う。派遣生の友達はみんな個性があるし、話していて面白い。環境はそれぞれの留学先で違ったけれど、同じ時期に似たような経験をしたという価値観の共有はとても貴重で素敵なことだと思う。そんな人たちに人生の早い段階で出会わせてくれてありがとう、大学!ってかんじ。

 

というわけで、ロンドンに行って参りました。

f:id:lumiere1296:20170527230037j:plain

結論:ロンドン、最高。

「夢にまで見た景色を実際に肉眼で見ると、感動と疑問が同時に押し寄せる」ということを今回のロンドン旅行で経験することが出来ました。ビックベンもテートモダンもミレニアムブリッジも二階建てのロンドンバスもマーケットも大英博物館も、全部が本物。だけどその景色が現実だとは思えない。全部嘘なんじゃないかと思っちゃう。

私ってそれほどこの都市に憧れていたんだなぁと、自分自身の素直な気持ちをロンドンで発見することができました。

 三年以内にもう一回はロンドンに行くような気がする。

あとイギリス料理がまずいなんて、もう嘘。今の時代、美味しいお店へ直行して食事を取ることはそう難しいことじゃない。同時に、スマホがなかったら難しいとも思ったけど。

 

 

What should we do in London? Part 5: Clothing & Something

行きたい洋服屋さんたちをリストアップ。

多分歩いてる間にランダムで色々な所に入って時間が無くなるんだろうなぁ。まあそれも旅行の醍醐味だよね。

 長く説明するの大変だから、とりあえず箇条書きで行きたい所をまとめ。

 

・Sandqvist サンドクヴィスト

79 Berwick St, Soho, London  https://www.sandqvist.net/

ずっと行きたかったショップ。スウェーデンのバックブランドなんだけど、大好きなKeiko Hudsonさんがブログでここを紹介されていて、購入されていたバックパックが素敵で、いつかヨーロッパに行く機会があったらショップに行きたいと思ってた。実際、アマゾンとかセレクトショップでも買えちゃうんだけど、せっかくならショップで商品を感じたいと思ってた。でも、買うならアマゾンが一番安いことが判明。去年、おととしに比べると円高ポンド安が進んでいるからかなり旅行しやすいと思うけど、それでもまあヨーロッパは色々高い。今度行けるのはいつになるのかなぁ…。

サンドクヴィストはSOHOのど真ん中にあります。

 

・TOPSHOP トップショップ

214 Oxford St, Marylebone, London

日本では幻となってしまったトップショップ。オックスフォードサーカスにある本店はカフェとか古着も置いてある。

 

・Blitz ブリッツ

・Beyond Retro ビヨンドレトロ

・Absolute Vintage

・The Vintage Market

イーストエンドにあるヴィンテージショップ。希子ちゃんが弾丸トラベラーで行ってたところ。ブリックレーンマーケットが近くでやってる。

その他ブリックレーン周辺で行きたい所↓

Brew Dog バー。ビールの種類がたくさんある。日本にも店舗ある。

・Beigel Bake ブリックレーンで有名なベーグル屋さん。24時間営業。スモークハム?入りが美味しいらしい。

・Cereal Killer Cafe シリアルキラーカフェ。Cerealとserialをかけてる面白いって言っていいんだか悪いんだか謎なカフェ。連続殺人鬼(=Serial Killer)の切り裂きジャックの犯行現場に近いからこの名前になったらしい。世界中から集めた色んな種類のシリアルが食べられる。しおりが教えてくれた場所は全部面白い。

・Yumchaa Korean Englishmanの動画で知ったカフェ。シリアルキラーカフェの隣にあるっぽい。スコーンとか紅茶が美味しい。

・Brick Lane Market 日曜日に大規模なマーケットが開催される。ブリックレーンの周辺にはバングラディッシュ?インド?からの移民が多く住むエリアがあってそこのカレーとかも美味しい。

・Ace Hotel London Shoreditch

100 Shoreditch High St, London

皆さんご存知、エースホテル。一階のカフェに行きたい。あとプリクラも撮りたい。

 

ブリックレーン周辺にあるマーケット。コロンビアロードはインスタグラマー?のBryant Leeが毎週末お花を買いにいってるのをインスタストーリーで見ていて行きたくてたまらない!お花は買えないけど、雰囲気だけでも味わいたい。

♦コロンビア・ロード・フラワーマーケット
通り沿いのかわいいお店は毎日開店(行く価値ありですよ!)
日曜は花市場がたちます。
♦オールド・スピタルフィールド・マーケット  
ほぼ毎日朝からオープンしています。
(月・火) 普通のストール
(第一・第三 水) デリ、レコードと本
(木) アンティーク
(金) ファッションとアート
(土) お店だけ
(日) 一番混みあいます

 

・Bang Bang Clothing Exchange

21 Goodge St, Bloomsbury, London

大英博物館近くにあるヴィンテージショップ。

 

・Books by WHSmith inside Selfridges

セルフリッジズの中にある本屋さん

 

・Magma

117-119 Clerkenwell Rd, London

 

・Sew Over It 生地・手芸屋さん

36A Myddelton St, Clerkenwell, London

 

Vivienne Westwood Flagship

44 Conduit St, Mayfair, London

 

What should we do in London? Part 4: Department stores

今回は買い物編。

私はロンドンに行ったら、ベタなお土産屋さんやデパートに入りたい。高島屋とか三越伊勢丹で買えないけどウィンドウショッピングするのと同じ感覚。人が集まる明るくて華やかな感じと高級感。経済が動いているのが目に見えるのもすごい。

あとロンドンは私の大好きなファッションを具現化してくれている人がそこかしこにいるというイメージ。だからヴィンテージのお店とかも見逃せない。弾丸トラベラーで水原希子ちゃんが行ったヴィンテージショップに行くのがずっと夢だったんだけど、ついに叶う。彼女みたいにバンバン買うことはないと思うけど(スタイル、趣味、金銭、性格面において相当な違いがあるから)あの空間を経験したいと思い続けて何年たったのかな。やったー。

 

まずはデパート&高級百貨店

・フォートナムアンドメイソン Fortnum & Mason

181 Piccadilly, St. James's, London

英国王室御用達の総合食品ブランドデパート。ジャム、ワイン、食器など食に関する洗練された様々な商品が並んでいるけれど、その中でも紅茶がオススメらしい。ピカデリー・サーカス本店がおすすめ。ヒースロー空港にもショップあり。缶やビンのデザインが素敵すぎる。ここで絶対に紅茶を買う予定だけど、それ以外にも買っちゃいそう。重くなりそう。

f:id:lumiere1296:20170302091716j:plain

またまたyossyさんのブログ。文章が読みやすくて、写真が綺麗で、面白い。

UK2011 part10, 紅茶のお土産ならここ! フォートナム&メイソン : su・te・ki world

 

・Liberty London リバティーロンドン

Regent St, Carnaby, London

リバティープリント、リバティー柄が有名なお店。去年の春夏にユニクロとコラボしていてタンクトップブラウス?とワンピースと短いリラコを買いました。かわいいのに安いってすごい。サイト見やすい。情報量は少ないけど。

ユニクロ|LIBERTY LONDON FOR UNIQLO|WOMEN(レディース)|公式オンラインストア(通販サイト)

 

f:id:lumiere1296:20170302094314j:plain

その時に初めてちゃんとリバティープリント=花柄を見ました。かわいいわ~。でも、リバティって布屋さんとかファッションブランドではない。ロンドンの老舗百貨店・リバティーで花柄グッズだけじゃなくて高級品とかブランド品を置いてる。基本高いものがある。SOHOにあるお店は建物それ自体もかっこよくて、老舗!高級!ってのをバンバンに出してる。入り口付近にお花屋さんがあってそこが素敵らしいから要チェック。バレンタイン時期にはMAST BROTHERSのチョコ(ニューヨークのチョコブランド)やdiptyqueに刻印できるキャンペーンとか色々やってたから伊勢丹みたいな立ち位置なのかな。老舗だけどセレクトショップみたいでもある。

diptyqueのリバティ限定花柄パッケージのInsoliteっていうキャンドルがめちゃくちゃかわいい。でも箱が花柄なだけで瓶は普通だし、信じられないくらい高い。はああ。

f:id:lumiere1296:20170302095029j:plain

 フォントとかデザインとかすべてがお洒落なディプティック(って読むのかな)。パリのブランド。ロンドンに行くのならJO MALONEで何か買うべきなのかな。

 

・Harrods ハロッズ

ハロッズも忘れちゃいけない。ここでも紅茶買えそう。

87-135 Brompton Rd, Knightsbridge, London

ハロッズはSOHOから少し南西にいった場所にある。ハイドパークの南側。

私の中では「ハロッズハロッズのエコ?バッグ=ハロッズのロゴ」日本でもハロッズのエコバッグ持ってる人たまに見かける。ハロッズの存在をちゃんと認識したのはロンドンに興味持ち始めてからで、それまでは紀伊國屋(スーパーのほうの)と同じような感じのどっかにあるお店だと思ってた。

 

・Selfirdges セルフリッジズ

400 Oxford St, London

 アメリカ人が作ったデパートらしい。化粧品売り場は一階っていうのを最初に始めたのはセルフリッジズ。ウィンドウディスプレイがお洒落だから必見。伝統的なかんじとエッジのきいたかんじの商品がある。チラ見したいな。

世界一のデパートがイギリスに!セルフリッジズの魅力 | イギリス | トラベルjp<たびねす>

・John Lewis ジョンルイス

王室御用達の百貨店。セルフリッジと同じオックスフォードストリート沿いにある。オックスフォードストリートには大抵なんでもある。幻のトップショップもあるしマークス&スペンサーもある。ユニクロもある。

f:id:lumiere1296:20170304090646j:plain

 

What should we do in London? Part 3: Museum

このブログを書いている途中に二回も書いた文が全部消えた。

二回とも自分の不注意。はあ。もう時間かけて書く気力無くしたから、適当に書く。

 

・ナショナル・ギャラリー National Gallery

西洋美術がこれでもかと集まった超広い美術館。ナショナルなのでもちろん入場無料。でもフロアマップは1ポンドらしい。印刷して持っていこう。

公式版見るべき30点

30 highlight paintings | Explore the paintings | National Gallery, London

美術知識ゼロの私でも知っている名前や作品がある。ボッティチェリインフェルノで知った画家なので生で作品見るのがとても楽しみ。

このブログも参考になる。ありがとうございます。

ロンドン・ナショナル・ギャラリーを2時間で回るとしたら : フェルメール探訪

 

・ロンドン自然史博物館 National History Museum

エントランスにいた人気者、ディプロドクスのDippyは今年の1月で引退した。Dippyに会うの結構楽しみにしてたのに。今度はメスクジラちゃんがみんなを出迎えるらしい。

Time Out London - Watch Dippy the dinosaur get dismantled... | Facebook

 動くT-Rexを見たいけど基本めちゃ混みらしい。修学旅行とか家族で来るのにもってこいの場所だもんね、自然史博物館って。ナショナルだから多分無料。素晴らしい。

 

・テート・モダン Tate Modern

 国立近代美術館。発電所だった建物を改造して作られた美術館。展示はもちろんだけど、建物自体も見る価値あり。開館は2000年でかなり新しい美術館。テートモダンの目の前には私が歩きたいミレニアムブリッジ(ハリーポッターに出てきた橋)がテムズ川にかかっていて、それを渡るとセントポール大聖堂へ行ける。

去年の6月に新館・スイッチハウスがオープン。現代美術ってなんでもありだから知識が無くても面白いよね。そういう楽しまれ方が良いのか悪いのかはおいといて。楽しみ方は人それぞれ。それがアートってことにしている。

本当に新しいの?テート・モダン新館オープン! | クリエイターズ ステーション(クリステ)

ミュージアムショップも見逃せないけど、それ以上に最上階にあるカフェで何か飲みながらゆっくり景色を眺めたい。カンバーバッジぱいせんもお気に入りのスポットらしい。新館は10階建てで、最上階では本館の真ん中から突き出ている塔とミレニアムブリッジとテムズ川セントポール大聖堂という景色を見られるみたい。それもいいかも。


・テート・ブリテン Tate Britain

ロンドンナショナルギャラリーの分館として1897年に開館。テートモダンの開館によってテートブリテンという名前に変わり、展示もイギリス美術専門となった。

風景画で有名な英国人ターナーの展示が充実しているみたい。彼の絵をどこかでみた記憶がある。写真みたいな絵。

テートモダン、テートブリテンともに無料。

 

・ヴィクトリア&アルバート博物館 Victoria and Albert Museum

ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館 | ロンドンナビ

V&A(って略されるみたい)は芸術とデザインの美術館。陶磁器、家具、衣装類、ガラス細工、宝石、金属細工、写真、彫刻、織物、絵画など、3000年余りにおよぶ世界文明の遺物がある。建物がかなり立派。ファッションとアート両方が好きな人にはたまらない。

ここのショップで売ってるエコバッグが派手でかなりかわいい。"London A to Z"っていう有名な本の表紙がプリントされたエコバッグ。ちなみに私はその本の存在もシャーロックから学んだ。

f:id:lumiere1296:20170226161825j:plain

私の大好きなブロガーのyossyさんもおすすめの美術館。

V&Aのエントランスには鮮やかなガラスアート(上のリンクの右端に写ってる綺麗なもの)が飾ってあることを今このブログを読んで知ったんだけど、ミルウォーキーにもあった!私見た!調べたらやっぱり同じアーティストが作ったガラス彫刻でした。びっくり。

私がミルウォーキーアートミュージアムで撮った写真。

f:id:lumiere1296:20170226163836j:plain

ガラス彫刻家デイル・チフーリさんの作品。ワシントン州出身でウィスコンシン州立大学マディソン校で彫刻を勉強したみたい。だからMAMに作品があったのかと色々納得。この作品、正面入り口のすぐ近くにあるからすごく目につく。私がMAM内で撮った初めての写真の被写体でもある。

Celebrating Chihuly in Wisconsin | Milwaukee Art Museum Blog

デイル・チフーリ - Wikipedia

シアトルにミュージアムがあるみたい。行ってみたい。

調べると全部行きたくなる。でもそんなに時間はないし、他に行きたい所も食べたいものもたくさんある。困るわぁ。